【新型コロナウイルス】日本における水際対策の強化

2020/4/2

 

【ポイント】

・日本における入国の際の検疫等が強化されます。

 

【本文】

・4月1日,日本政府は,新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大している状況を踏まえて,水際対策の強化に向けた新たな措置を決定しました。

 

・その中では,ロシアを含む全ての地域からの入国者に対し,検疫所長の指定する場所(自宅やホテル等)で14日間待機し,国内において公共交通機関を利用しないよう要請しています。今後帰国される方はご注意ください。

 

・また,ロシア人向け査証について,4月2日までに発給された一次・数次査証の効力が4月30日まで停止されることがあわせて発表されています。

(参考:外務省ホームページ

https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005134.html