「ロシア電子ビザ」を用いた出入国に関する注意喚起

2019/4/30
ウラジオストクから「電子ビザ」でロシアに入国し、モスクワから第三国に出国しようとした邦人が不法出国を試みたとして罰金の行政罰を科される事案が最近続いていますので、注意喚起させていただきます。
 
ロシア極東沿海地方及びその他一部において入出国が可能な「ロシア電子ビザ」を利用した場合、入国地点と出国地点は同一の必要があり、ウラジオストク空港(港)から入国した方はウラジオストク空港(港)からのみ出国可能で、モスクワや他の都市から出国することはできません。
なお、本来「電子ビザ」で申請した地域以外の都市を訪問することもできませんが、ウラジオストク発の国内航空線搭乗時に査証のチェックは行われておらず、モスクワや他都市行きの国内線に搭乗することができてしまいますので、「電子ビザ」でロシアに入国された方は、申請した地域外の都市に渡航なさらないようご注意ください。(了)