日本における水際対策(6月1日以降の待機措置及び入国時検査の免除)

2022/5/26
現在、ロシアに過去14日以内に滞在歴がある方が日本に帰国・入国する場合、入国後検疫所の確保する宿泊施設等で待機が求められていますが、6月1日(水)午前0時以降、ワクチン接種の有無に関わらず、ロシアに滞在歴がある方に対する入国後待機が免除されます。また、到着空港での入国時検査も免除されます。ただし、ロシア出国前72時間以内に受検した陰性証明書の提示は引き続き求められます。

【日本政府が有効と認めるワクチンを3回接種していない方】
●現在は、検疫所の確保する宿泊施設で日本入国後3日間の待機を求められていますが、6月1日(水)午前0時以降に日本に入国する方から、日本入国後の待機は免除されます。また、到着空港での入国時検査も免除されます。

【日本政府が有効と認めるワクチンを3回接種済の方】
●現在は、日本入国後7日間の自宅待機(入国後3日目以降の自主検査で陰性の結果を届け出た場合に、その後の自宅等待機の継続を解除。)を求められていますが、6月1日(水)午前0時以降に入国する方から待機は免除されます。また、到着空港での入国時検査も免除されます。

1. 5月26日の新たな日本政府発表により、ロシアが水際対策新制度に基づく「青」の国に指定されたことから、6月1日午前0時(日本時間)以降、ロシアに過去14日以内に滞在歴がある帰国者・入国者は日本政府が有効と認めるワクチン接種の有無に関わらず、入国後の自宅等待機は求められないこととなります(待機措置は一切なし)。また、到着空港における入国時検査も免除されます。
5月26日発表の新たな措置「オミクロン株に対する水際措置の強化」
水際対策強化に係る新たな措置による待機について

2.ロシア出国前72時間以内に受検した陰性証明書の提示は引き続き求められます。また、到着後の円滑な入国手続のため、ロシア出国前に「MySOSアプリ」をインストールのうえ、ファストトラックをご利用ください。
ファストトラックについて