ロシア軍によるウクライナへの軍事行動に反対するデモに関する注意喚起(2月25日)

2022/2/25
●ロシア軍がウクライナへの軍事行動を開始した昨24日、モスクワ中心部のプーシキン広場などロシア各地で反戦デモが相次ぎ、独立系サイトによれば全土で1千8百人以上、うちモスクワではおよそ1千人が治安当局により拘束されたとしています。今後も各地においてこのようなデモが行われる可能性がありますので、最新の情報入手に努め、デモ参加者と治安機関の衝突が発生する事態に巻き込まれることがないよう十分注意して下さい。

1.このようなデモは当局から許可を得ていない無許可のデモとして、当局は厳しく取り締まる姿勢をみせていることから、興味本位で近づいた場合、参加者と間違えられ当局に拘束される懸念があります。デモが行われている地域にはできるだけ近づかないよう注意して下さい。

2.また、状況次第では周辺地域で地下鉄駅の封鎖や交通規制が実施されたり、事前の予告とは異なる場所でデモが行われる可能性がありますのでご留意いただくとともに、在留邦人及び渡航者の皆様におかれましては、報道等による最新情報の入手に努め、無用なトラブルを回避するためにもデモには近づかないようにし、安全の確保に努めて下さい。(了)