• 画像1
  • 画像2

2018年2月6日~3月10日、3月29日~4月13日

「克服」絵画展はパリアティブ・ケア及び医学での新しい技術の発展をサポートするためにTakedaPharmaceutical Co.,Ltd.の主催で行われる国際的な絵画展。
武蔵野美術大学及び多摩美術大学の学生の100以上の作品が展示される。また、ロシアの美術学校の学生の作品も展示され、多くの作品はサンクトペテルブルクのレピン記念絵画・彫刻・建築大学の学生が今回の絵画展のために用意したものである。

開催場所:

2018年2月6日~3月10日    サンクトペテルブルク中央展覧会場「マネージュ」
2018年3月29日~4月13日   モスクワ国立展覧会ホール「新マネージュ」

主催団体:

有限責任会社 「アート インターナショナル」

共催団体:

武蔵野美術大学 
多摩美術大学
Takeda Pharmaceutical Co.,Ltd.
サンクトペテルブルク中央展覧会場「マネージュ」
モスクワ国立展覧会ホール「マネージュ」

問い合わせ先:

arthelp@inbox.ru
www.arthelp.ru (ロシア語、英語サイト)