日本大使館からの注意喚起(ロシア国内の安全対策強化)

 

【ポイント】
2017年FIFAコンフェデレーションズカップ,2018年FIFAワールドカップの開催期間及びその前後の期間に,ロシア国内の安全対策が強化される予定です。


ロシアにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

平成29年5月24日
在ロシア日本国大使館領事部

 

5月9日付大統領令No.202に基づき,2017年FIFAコンフェデレーションズカップ,2018年FIFAワールドカップの関連施設所在地等の安全対策が強化される予定です。

1 安全対策強化期間および都市
(1)2017年6月1日~7月12日
カザン,モスクワ,サンクトペテルブルク,ソチ
(2)2018年5月25日~7月25日
ヴォルゴグラード,エカテリンブルク,カザン,カリーニングラード,モスクワ,ニージュニー・ノヴゴロド,ロストフ・ナ・ドヌー,サマラ,サンクトペテルブルク,サランスク,ソチ

2 安全対策強化期間中は,管理区域や立ち入り禁止区域が設けられたり,到着後1日以内に「到着通知」や「滞在登録」を実施する必要がある等,特別な措置がとられる予定ですので,常に報道等を通じ最新の情報の入手に努めるとともに,大会開催期間中は無用なトラブルに巻き込まれないよう,不用意にサッカーファン等の集まる場所等に近づかないよう留意してください。

 

以上